AGAIN FLOWER
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
皆さん、お久しぶりでございます。
アゲフラの歌い手さんの<ゆう>でございます。
ライブを挟んで2週間ぶりの登場です。

掲載日が1日遅れだということは忘れてください(笑)

今回は「アゲフライブ!!Vol.3」を無事に終えて
初の掲載となりますので、
先日のライブの裏話なども含めて、
軽く振り返ってみたりしたいと思います。

ライブ当日、5月21日(土)の朝
目が覚めると窓の外は晴天。

「今日も暑くなりそうだ。」
と、爽やかに一言。

オレの貴重なゴールデンウィークである1週間を
丸潰れにしてくれた風邪も今回は引きずることもなく
喉の調子も良いことにご満悦。

「今日はイケそうだな。」
と、ひとりでニヤリ。

時は流れ、14:00。
待ち合わせ場所に到着。

待ち合わせ場所には、
すでにリードギター担当の<たつき>がいた。
こやつも爽やかな表情をしていた。

わけを聞いてみると、
朝に行ってきた美容室で
髪に色を入れる「カラーリング」かor
頭皮の脂や汚れを落とす「ヘッドスパ」かの
選択肢で迷わず「ヘッドスパ」を選び、
髪も頭皮もサッパリとした彼もご満悦とのことだった。

だが、見慣れぬ「金髪」で登場したオレには一言
「フツーに恐いっすよ。ゆうさん。。」
と、オレの爽やかな心を早くもエグった。

まぁ、鏡で自分の頭を見た時に自分でも
「キテるな。」とは思ったがな。。

14:20頃。
駅近の外にある喫煙所で二人で一服してると、
またもうひとり、美容室直後の爽やかな顔をした
ベース担当の<そうと>が合流。

合流するなり、こやつも一言。
「近づくことを躊躇するぐらい、イカツかったよ。。」

むぅ。爽やかな笑顔で言うんじゃあないよ。。
わかってる。オレは自分でもわかっているのさ。。
このオレの風貌に「パツキン」は見事に
マッチしすぎることくらい、わかっているのさ。。

その後、喫茶店でくつろいでいると、
ドラム担当の<NASA>が会場に到着との一報を受ける。

15:00。
ライブハウスのスタッフさん達との顔合わせ。
うちのカメラマンの<かずやくん>も会場入り。

15:15頃。
逆リハの為、アゲフラからリハーサルをスタート。
ちなみに、共演バンドである「climb of whisper」の連中は
到着が自分達のリハ時間である16:00頃になると
オレの親友である共演バンドのドラム担当<T中氏>から
メールが届いていた。

16:00ぐらい。
共演バンドのクライム到着。
ほぼ同時にアゲフラのリハ終了。

いつもリハで緊張していた
オレを含めたアゲフラメンバー全員が
なぜかとても落ち着いた表情を終始見せていた。

16:30頃。
オレの親友である<T中氏>のドラムの叩きっぷりに
うちのドラム担当の<NASA>が惚れすぎて壊れ出す。

17:00。
2_R3.jpg
アゲフラメンバー珍しく記念撮影。


3_R3.jpg
共演バンド「climb of whisper」のメンバーとも記念撮影。

なんだろう??
今回のアゲフラにはいつもより
「心にゆとり」というものが垣間見えたようだった。 

17:15頃。
記念撮影直後、ひさびさに親友の<T中氏>と世間話(?)をするも、
「しっかし、ワルそうだなぁ。お前。。」
と頭の「パツキン」を見ながらボソッとつぶやかれる。
この短時間で何人のヒトに「恐そう」的な発言を繰り返されただろうか。
「もう今後パツキンにするのはヤメよう…。。」
オレはあまりの髪色の評判の悪さに、そう心に決めざるをえなかった。

17:30ぐらい。
腹ごしらえに買出しに行ったコンビニで
「酒飲みてぇ~」とアル中発言を繰り返していた
うちのリードギター担当の<たつき>が
「酒飲みてぇ~なぁ~」をさらに連呼し出す。

「ライブでの演奏が終わるまで禁酒!」
という、オレと交わした約束は
ギリギリのラインで守られているようであった。

18:00。
会場がオープン。

18:30過ぎ。
「climb of whisper」開演。
アゲフラメンバーも観客として楽しむ。

19:00ぐらい。
クライムの演奏を楽しんで観ていた
オレの腹がゴロゴロと唸り出す。

19:10頃。
限界を感じたオレはトイレへと向かう。

19:20頃かな?
再び爽やかな顔のオレは
客席へと何事もなかったかのように戻る。

19:40。
「クライム」終演。
少し時間をズラしてアゲフラメンバー楽屋へIN。

20:00頃。
リードギター担当の<たつき>がソワソワし出す。
どうやら「禁酒の約束」が短時間とはいえ、
逆効果だったようだ。
オレは密かに「酔拳の使い手」とヤツに名付けた。

20:10ぐらい。
オレのお腹もヒートアップ。
その痛みのおかげか、緊張どころではない。
ありがたいような、迷惑のようなオレのお腹。

20:20。
少し押した形で「アゲフラ」開演。

メンバーは皆、やはり落ち着いた表情をしていた。
約1名の「禁酒中の酔拳マスター」を除いて。
やはり「酔拳の使い手」から取り上げてはいけないものを
取り上げてしまったようだ。
緊張で足がガクガクしてしまっていることを自分から
MCで暴露し出す。

オレは、またも心に決めた。
「次回から、こやつには絶対呑ませてあげよう」と。
今日1日でたくさんのことを心に決めた気がするが気にすまい。

オレ自身もメンバーの様子や観客ひとりひとりの表情を
しっかりと見れるほどの落ち着きように自分で驚いた。

と、同時に落ち着いていた分
いつも以上に「楽しむ」ということを満喫出来た気がする。
そして、時間の経過すらも短く感じていた。

21:40。
演奏を終えてみると、実に1時間20分という時間が経過していた。
Vol.2の時のワンマンライブの時間とあまり変わらないという事実はさておき、
僕らアゲフラメンバーは「充実した時間」を過ごせた感が大きかったようだ。
「いや、まだ演り足りない!もっと演りたい!!」
と思ったほどだから、充実していた証なのだろう。きっと。
だから、振り返ってみると「良いライブ」だったんだ。

僕らアゲフラは音楽の世界からいえば、技術的には「未熟者」です。確実に。
でも、「自分達が楽しみ、観に来てくれる人達にも楽しんでもらおう。」を
確固たるモットーとしています。

だから、観に来てくれた人達が僕らの演奏やMCから
「楽しさ」だったり「元気」だったり、
単純にその歌そのものの「良さ」であったりと、
何かを感じ取って頂けたら何よりも嬉しく思うんです。

それがある限り、たとえしがない「アマチュアコピーバンド」という
ちっぽけな存在であったとしても僕ら「アゲフラ」は
走り続けたいと思います。

今回の「アゲフライブ!!Vol.3」も無事完遂することが出来て
ホッとしているとともに、今回もたくさんの方々に観に来て頂いて
僕らはホントに幸せ者です。

アゲフラメンバー一同、感謝の気持ちでいっぱいです。

最後にこの場をお借りして一言。

「本当にありがとうございました!」m(_ _)m


〔追伸〕

この度、ベース担当の<そうと>が今回のライブをもって卒業となりました。
これを機に新メンバー<けいすけ>を迎え、『新生AGAIN FLOWER』として
次回「アゲフライブ!!Vol.4」を10月に予定しております。

そして、ついでと言っちゃあなんですが
当「アゲフラHP」も近日中にリニューアルする予定となっておりますので、
併せて御期待の程、よろしくお願い申し上げます。(≧∇≦)/


それでは、また再来週お会いしましょう。
ゆうでした。('-^*)b






スポンサーサイト
Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 アゲフラブログ all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。